シアリスに含まれる成分とその効果

EDとは男性の勃起不全をあらわす症状ですが、これは全く勃起しないということではありません。
性行為をするために十分な勃起をすることが出来ない症状のことであり、勃起までに時間がかかったり時々勃起しないことがあるといった症状でもED治療の対象となります。
ED治療薬は複数開発されていますが、シアリスは新しい成分のED治療薬となります。シアリスの有効成分はタダラフィルと呼ばれる成分です。
タダラフィルは水に溶けないという性質を持っています。この特徴は他のED治療薬とは異なる性質となり、そのために効果持続時間が長いという特徴へとつながります。
服用し胃の中でゆっくりと溶けていくために、効果が長く持続するのです。タダラフィルの作用は他のED治療薬と同様にPDE-5の働きを阻害することです。
男性だけにある臓器、前立腺は加齢やストレス、生活習慣病などが原因で血行不良となることがあります。
それにより陰茎の血流も悪くなり正常に勃起しないといったことが起こります。タダラフィルは筋肉を弛緩させる物質を代謝したり不活性化してしまうPDE-5といった物質を、阻害する役割があるのです。
シアリスの最も優れている点は、このPDE-5を阻害する効果というのが非常に長く持続するという点です。1度服用すると24時間、人によっては36時間効果が持続し続けます。
例えば週末やまとまった休日などに使用したいということであれば、長い間持続するシアリスは途中で飲み直す必要がないためにメリットが多い治療薬であると言えるでしょう。
今までのED治療薬はここまで持続時間が長いといったものはなく、薬の効果が切れてしまうことを心配しながら性行為に臨んでいた人も多く、精神的に焦りが出て治療薬の効果が上手く機能しない人もいました。
シアリスの持続時間があればそういった心配はいらなくなります。またほてりや頭痛といった副作用も軽減されており、使用感が楽になったこともメリットとなっています。

シアリスの効果を引き出す服用の仕方

シアリスの効果持続時間が36時間であっても、その時間内ずっと勃起しているわけではありません。刺激を与えると勃起をするという効果であるために、36時間効果が持続しても日常生活に支障が出るわけではありません。
アルコールは雰囲気を出すためにも効果的なアイテムです。飲酒も深酒を避ければ効果に問題はないとされているために、食事の際にアルコールをパートナーと一緒に楽しむことも可能です。
シアリスは食事の影響を受けにくいという特徴もあります。全く受けないわけではありませんが、1食800kcal程度までであれば影響はないとされています。
あまりにカロリーが高いものを食べなければ大丈夫でしょう。通常は空腹時のほうが効き目がよいとされていますが、シアリスの場合は高カロリーでなければ食事の仕方を気にする必要はありません。
持続時間が長いことが最大のメリットであるシアリスですが、薬が溶けだすまでの時間が少し長いという特徴もあります。
有効成分であるタダラフィルの溶けだし時間は人によって差があり、早い人で1時間、遅い人だと4時間ほどかかることもあります。
そのために即効性を求めるのではなく、服用の仕方は余裕をもって飲むことが大切です。
他のED治療薬と比較するとその薬価は高めに設定されていますが、飲み直す必要がなかったり食事の制限を受けないといったことを考えると非常にメリットの大きい薬であると言えるでしょう。
また、シアリスは服用したら24時間経過すれば他のED治療薬を飲むことが可能です。シアリスの薬効がまだ聞いているうちに他の治療薬を服用することが出来るため、より高い効果を求めるのであれば試してみてもいいでしょう。