シアリスジェネリックのメガリスについて

メガリス(MEGALIS)は、ED治療薬として用いられているシアリスのジェネリックです。
ジェネリックとはジェネリック医薬品のことを指し、製薬会社が開発した先発医薬品(新薬)に対して、後発医薬品と呼ばれることもあります。
シアリスはイーライリリー社が開発した世界で3番目となるED治療薬で、有効成分はタダラフィルが含まれています。
シアリスを服用すると、タダラフィルが勃起の妨げになる酵素のPDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)の作用を抑制します。
この働きによって陰茎の血流が良くなり、スムーズに勃起するようになります。
シアリスのジェネリックであるメガリスは、インドの製薬会社Macleods Pharmaceuticals社が製造・販売を行っています。
含有量では10mgと20mgの2種類があるので、普段よりも満足できる性行為が目的であれば10mgを、ED治療に用いる場合には20mgといったように、目的別に購入することが可能です。
有効成分はシアリスと同様にタダラフィルが配合されています。
タダラフィルは勃起障害の原因となる酵素のPDE5を抑制するPDE5阻害薬ですから、摂取することで正常に勃起するように促すことができます。
タダラフィルは他のPDE5阻害薬と比較すると即効性に欠けますが、抜群の持続性を発揮し、一度の服用で最長36時間も効果が持続します。
もちろん持続性が高いからといって、服用するとずっと勃起し続けるわけではありません。
ED治療薬は、性的な刺激を受けてはじめて勃起を促します。そのため、効果が継続している間でも普段と変わらない生活を送ることができるのです。
また、メガリスは価格面でも魅力的です。メガリスはシアリスのジェネリックであることから、シアリスよりも安く購入することができます。
一般的に、シアリス20mgが1錠あたり2,000円程度であるのに対して、メガリス20mgは1錠あたり500円から700円程度と、大変安く販売されています。
安価で購入できてシアリスと同等の効果が期待できるメガリスは、そのコストパフォーマンスの良さから、世界各国で人気を集めています。
これらがメガリスの特徴であり、メガリスのメリットであるとも言えます。

メガリス服用の際の注意点やデメリット

メガリスを服用する際にはいくつか注意点があります。まずメガリスには併用禁忌薬があり、主成分のタダラフィルは、ニトログリセリン・亜硝酸アミル・硝酸イソソルビド等の狭心症や心不全の治療薬と併用するのは危険です。
併用した場合には、急激な血圧低下により命に関わる危険性があるので十分に注意が必要です。この他にも数種類の薬との併用が禁止されているので、通院中で薬を処方してもらっている人は注意しましょう。
また、体質的にメガリスの服用ができないというデメリットもあります。タダラフィルには血管拡張作用がある為、医師の診断によっては服用できなくなるという可能性があるのです。
安全にメガリスを服用する為にも、掛かり付けの医師やED治療を行っているクリニックで事前に確認しておくことが大切です。
メガリスは医薬品である以上、副作用を引き起こす可能性があるという注意点もあります。副作用としては、頭痛・ほてり・鼻づまり・動悸・胸焼け・胃のむかつき等が挙げられます。
これらの副作用は、主成分であるタダラフィルが勃起障害の原因である酵素のPDE5を抑制することで、血管が拡張される為に起こる症状です。
ただし、副作用の症状は個人によって異なります。重度の症状の場合はメガリスの使用を直ぐに中止し、近隣の内科やED治療を行うクリニックで診察してもらうようにしましょう。
他にメガリスのデメリットを挙げるとすれば、服用してから効果が現れるまでに時間がかかるということです。
しかし、最長36時間もの効果の持続性があるので長時間の性交を楽しみたいという人にはピッタリな薬です。
このように、シアリスと同等の効果を得られて低価格で購入できるメガリスは、優れたED治療薬であると言えます。