レビトラと同じ成分のゼリー薬を通販で買う

レビトラには様々なジェネリック医薬品があります。
ジェネリック医薬品にもレビトラと同じ有効成分のバルデナフィルが含まれており、ペニスの血流を増大させて勃起不全を改善します。
レビトラは錠剤しか販売されていませんが、ジェネリック医薬品の場合には錠剤だけでなく、ゼリータイプのものも存在します。
錠剤が苦手な人でもゼリータイプを選べば気軽に服用できます。ゼリータイプのジェネリック医薬品には様々なフルーツ味も付いているので、飲みやすいというメリットもあります。
病院でレビトラを処方してもらう場合には、1錠あたり10mgか20mgの錠剤で支給されます。国内では5mgのレビトラも販売されていますが、病院では処方されるのは10mgと20mgが一般的です。
10mgの場合は1錠あたりの価格がおよそ1500円、20mgの場合はおよそ2000円となります。ジェネリック医薬品であれば1錠あたり200円ほどで購入することも可能です。
効果は10mgが5時間から6時間、20mgが8時間から10時間持続します。ジェネリック医薬品は個人輸入を代行する通販サイトで購入できます。
ゼリータイプのものは1包あたり20mgのバルデナフィルが含まれています。レビトラは日本の製薬会社が開発した、勃起不全の治療薬です。
国内では特許が守られているのでジェネリック医薬品の製造・販売は困難ですが、海外では様々な種類のものが製造・販売されています。
有効成分バルデナフィルを含む医薬品を、個人で海外から輸入することは合法です。
個人輸入代行サイトでは、一般的な通販サイトと同様な感覚でレビトラのジェネリック医薬品を購入できます。
ジェネリック医薬品は有効成分がレビトラと同じであるのに加えて、価格が安くコスパが優れているので日本でも人気があります。
錠剤タイプと比較するとゼリータイプは多少高価です。しかし本家のレビトラを使用する場合よりはコスパが良いので、少ない負担で勃起不全を治療できます。

レビトラ系の錠剤タイプとゼリータイプのコスパ比較

レビトラのジェネリック医薬品には錠剤タイプとゼリータイプが存在します。コスパが良いのは錠剤タイプですが、ゼリータイプはフルーツの味が付いており服用しやすいという特徴があります。
日本国内で一般的に使用されているレビトラは錠剤タイプで、10mgと20mgのものが主流です。
レビトラの10mgは1錠あたりおよそ1500円で、20mgはおよそ2000円とされます。ジェネリック医薬品の場合には10mgも20mgも1錠あたり200円ほどで購入できるのでコスパが優れています。
個人輸入代行サイトでは内容量の多いものほど、価格が安くなります。少量を購入するよりも、まとめて購入したほうがコスパが良くなるので合理的です。
ゼリータイプは有効成分バルデナフィルが20mg含まれたものが販売されています。
価格は1包あたり400円ほどです。ゼリータイプも内容量が多くなるほど価格が安くなります。
コスパを考慮するならばまとめて購入した方が合理的です。錠剤タイプとゼリータイプのコスパを比較すると、錠剤タイプの方が優れています。
コストを抑えて勃起不全を治療したい場合には、錠剤タイプを選択します。錠剤タイプはピルカッターを使用して、小さく切ってから服用することも可能です。
10mgや20mgの錠剤では多過ぎる場合には、切ってから使用すると副作用も抑えることができます。
有効成分のバルデナフィルは血流量を増大させて勃起不全を改善します。頭痛やめまいなど軽度の副作用が出ることもありますが、通常は4時間から6時間ほどで回復します。
コスパを考えた場合には錠剤タイプを選ぶ方が適しています。また錠剤タイプはピルカッターで小さくして服用できるというメリットもあります。
一方錠剤が苦手な人には、フルーツ味が付いていて服用しやすいゼリータイプが適しています。