レビトラ通販にある成分量で日本人に合っているのは?

日本人男性のED患者数というのは、推定1800万人以上と言われています。
EDとは男性における勃起不全を指していますが、このEDの意味については若干誤解を生じてるところがあります。
EDとは、勃起が十分でないために満足な性行為が出来ない状態のことを言います。
つまり勃起をしても最後まで性行為を続けられない症状のことも指しており、勃起が遅い・持続しない・挿入後に中で折れてしまうといった軽度から重度まで実に様々な人がいるのです。
40代以降は急激に患者数が伸び、50代では3割、60代では半数の男性がEDであるとされています。
ところが恥ずかしさから病院での治療を好まない人も多く、海外と比較するとその治療率は低いものとなっています。
実はEDというのは早めに治療を始めた方が改善されやすい傾向があります。これは使わないと身体の機能は衰えていくということが理由です。
運動をしないと筋肉が落ちて行ったり、硬いものを噛まないと顎が弱くなるといったことと同様に、勃起をすることで男性機能は正常な状態を保つことが出来ます。
これは勃起によって陰茎にある海綿体の萎縮を防ぎ、射精によって前立腺の血流がよくなるといった現象が起こるためです。
つまり軽い症状で日常生活には困らないからといってEDを放置しておくと、どんどん症状は悪化していくのです。
それでも病院に行くことはためらわれるといった人は多いでしょう。そこで利用したいのが海外医薬品の個人輸入による通販サイトです。
こういった通販サイトでは海外で販売されている成分が同じED治療薬が処方箋なしで購入することが出来ます。
ED治療薬はいろいろな種類がありますが、なかでもレビトラは日本人には人気のED治療薬です。レビトラの成分は体内への吸収が早いために、他のED治療薬よりも即効性が高いという特徴があります。
時間に追われて生活しており、スケジュールを立てて性行為に挑むといったことが難しい男性には使いやすい薬であると言えるでしょう。

不安な時は高い成分量のものとピルカッターを同時購入

レビトラには20㎎と10㎎があります。病院で処方される場合には、医師の診察の下でその人に応じた用量が処方されることとなります。
しかし通販を利用する場合は自分で用量を判断することとなります。実際のところ医師においても10㎎と20㎎では意見が分かれるものです。
効き目が強いのは当然20㎎となりますが、副作用が心配という人もいるでしょう。そういった場合はピルカッターを利用する事がおすすめです。
ピルカッターは硬い錠剤でも簡単にカットすることが出来ます。20㎎のレビトラを購入しておいて、初めはピルカッターで半分にして10㎎から始めるといったことが出来ます。
レビトラは服用後10~30分程度で効き目があらわれ始めます。用量が多い方が効き目が強いのですが、持続時間も長くなります。
およその持続時間ですが10㎎の場合は5~6時間、20㎎の場合は8~10時間と言われています。効き目の強さと持続時間から20㎎のほうが得に感じることもありますが、薬の効き方は人それぞれ異なりますし、10時間の持続時間が必要ないという人も多いでしょう。そういったことから、まずはピルカッターを利用して10㎎から始めてみることがいいのです。
またレビトラの特徴として食事の影響を受けにくいといったことがあります。しかし全く受けないわけではなく、空腹時に服用すればより吸収が良いために効き目が強く長くなり、食後に服用した場合は効き目が弱くなります。
同じ用量を服用しても効き目には差が出ることとなるために、服用時の食事については気をつけておいたほうがいいでしょう。
糖尿病やうつ病といった病気の人でもレビトラは有効性が認められています。ただしこういった疾患で持病薬を服用している人はまずは医師に相談することがおすすめです。