中古ドメインに頼らないコンテンツSEO

コンテンツSEOを考える際にどうしても重要視してしまいがちなのが、中古ドメインの存在です。
中古ドメインにはSEO的には高い価値があるので、その価値を知っている人ほど頼ってしまう傾向が見られます。
実際に中古ドメインによるSEO対策は効果的ではあるのですが、実はそれだけでSEO対策が完全に出来るわけではありません。
つまり価値や効果を過信してしまうと、SEO対策もそうですがコンテンツSEOとしても不十分なものになってしまいがちです。

そもそもコンテンツSEOとはユーザーが求めている情報を継続的に発信するものであり、その内容はユーザーにとって有益なものでなければいけないとされています。
コンテンツSEOを有益なものとするには、Googleが推奨するSEOを生み出して検索上位を維持していくのが大切です。
そのためにはコンテンツそのものの質を高めたり、SEOの外部だけではなく内部対策も重要視していく必要性があるのです。

これらは中古ドメインに頼ってばかりでは達成できないものであり、Googleで評価されるような有益と判断されるものを生み出しにくくなっています。
そのため、これから必要とされていくのはGoogleに評価されるユーザーのための有益なコンテンツSEOであり、本来の役割を果たせるものを目指していく意識が必要とされています。

コンテンツSEOのコツ、「共起語」とは?

コンテンツSEOにはいくつかのコツがあり、その中のひとつとして知られているのが「共起語」です。
共起語とは、あるキーワードが文章中に出てきた際に文章中で頻繁に使われている単語の事を指しています。

この共起語の重要性はコンテンツSEOがメインワードに対してどの程度の関連性を持っているのか、適切な内容なのかどうかを検索エンジンが判断しやすくなっているところにあるのです。
実はGoogleの検索エンジンはコンテンツのランクを決める際、コンテンツSEO内の文章がメインワードやメインテーマに対して適切な内容であるかどうか、関連性が高いかどうかが評価のポイントとなっています。
その判断基準として重要視されているのが共起語の存在であり、メインワードの共起語を設定しておけば検索エンジンもコンテンツSEOに対しての適切な判断や評価がしやすくなっています。

そのためGoogleの検索エンジンで上位化しているコンテンツは必然的に共起語が含まれているものがほとんどだと考えられていて、メインワードとの関連性が高いコンテンツとして評価されていると言えます。
このようなコンテンツSEOは結果的にGoogleからの評価も良くなるので、ユーザーから求められやすいコンテンツを作るためのコツとして共起語の利用が重要視されているのです。

関連記事

ピックアップ記事

2017.9.25

コンテンツSEOにはキーワード選定が重要

コンテンツSEOとは、定期的にコンテンツを発信して露出を増やし、自然な流れで被リンク数を増やしていくことで、結果的に検索エンジンで上位表示さ…

ページ上部へ戻る