中古ドメインの販売サイト、おすすめは?

中古ドメインの販売サイトでおすすめは「アクセス中古ドメイン」です。
販売ドメイン件数は1000件を超えており、ただドメインを販売するだけでなくSEOにおける中古ドメインの活用方法について1から学ぶことができる販売サイトです。
ゴールドからブロンズまでの「パワーランク」という独自のランク基準を設定しており、中古ドメインの初心者の方でもこのパワーランクを確認することで簡単に目的に応じたドメインを選ぶことができます。

アクセス中古ドメインでは、SEO対策においてより効果の高い中古ドメインを販売するため、一般的なツールでの調査だけでなく専門スタッフによる目視での調査も行っています。
また、政府機関や教育機関からの被リンクがあるドメインやPA、DA等、様々な検索条件で目的にマッチするドメインを検索することができるほか、インデックス確認や警告ドメイン返品保証がついているため安心して利用することができます。

中古ドメインの販売サイトはアクセス中古ドメイン以外にも「中古ドメイン販売屋さん」や「ウルフドメイン」等があります。
ドメインの販売件数は中古ドメイン販売屋さんが比較的多く、ウルフドメインでは中古ドメインのプロがすべて目視で選定した「ウルフドメインパック」という強力なSEO力を持った独自商品を販売しています。

使わなくなったドメインはオークションに出すのも吉

中古ドメインはその被リンクの質や量によってはSEO対策においてとても効果を発揮するものであるため、使わなくなったドメインはただ手放すのではなくオークションを利用して買いたい人に譲渡するのも1つの方法です。
中古ドメインのオークションを行っている代表的なサイトは「ヤフーオクション」や「お名前.com」であり、これ以外にも上記のような販売サイトでも行っている場合があります。
例えば、ドメインを持っているけれどなかなかアクセスが伸びずもうやめようかと悩んでいる方においてはそのままずっと放置せず、オークションで譲渡して少しでもお金に変えてしまうのが損をしないための1つの選択です。

他にも、サイトを運営するために必要なドメインを中古ドメインで購入したが被リンクの種類を間違えてしまったため使えない、という方についても使えないドメインをそのまま保有していても何のメリットもありませんので少しでも早く転売してしまったほうがよいでしょう。

また、オークションで中古ドメインを購入するのはその中古ドメインを純粋に使いたいという人だけではありません。
オークションで中古ドメインを安く買い、再びオークションで少し高く転売して利益を出している人もいますので、このドメインは売れないだろうと勝手に判断するのではなく、まずは一度オークションに出品してみることをおすすめします。

関連記事

ピックアップ記事

ツール

2017.7.16

中古ドメインの被リンク調査ツールってどれがいいの?

中古ドメインに被リンクツールを使用すると、ドメインの被リンク数やリンク元のページタイトル、URLを知ることができます。 そのため、どんなサ…

ページ上部へ戻る