勃起薬で夢のような勃起持続を経験することが出来る

勃起薬は勃起をしやすくするための薬のことで、いわゆるED治療薬などが該当します。
ED治療薬はEDである人が服用するものですが、より強い勃起力を手に入れたい場合には勃起薬として使うこともでき、夢のような勃起持続を経験することも可能です。
そもそも勃起薬の作用としては体内に取り込まれると勃起を鎮めようとする酵素の働きを阻害します。これにより持続的な勃起が可能になりますし、また血管の拡張作用によってより多くの血液がペニスに流れ込むため硬さも増します。
そもそも勃起のメカニズムとしては性的な刺激を受けそれが脳に伝わり、脳から伝達物質を通じてペニス周辺に伝わりペニスのスポンジのような海綿体に血液が流れ込むことで膨れ上がる仕組みとなっています。
これらの仕組みのうちどれかひとつでもその能力が弱まってくると勃起が難しくなってきますが、勃起薬を使用することにより改善することができます。
一方で勃起薬そのものは性的な刺激を受けなければ勃起しません。つまり勃起をしやすい状態にするということであり、精力剤のような働きはないものです。
またED治療薬はもともとは心臓病の薬として開発されたもので副作用に勃起がしやすくなるということがあってEDの治療薬として使われるようになった経緯があります。
このため心臓に負担を掛けることがわかっており、ニトログリセリンなどの狭心症薬と併用すると死亡に至る副作用が発生するリスクがありますし、そのほかにもさまざまな働きによって一時的な副作用が出ることがあります。
あくまでもED治療薬というものは健康な人が性行為時に満足な勃起が持続できないといった場合などに服用するものです。
また薬の力を使って夢のような勃起とその持続力を手に入れることができますが一時的な効果でしかありませんし、また性的な刺激を受けて興奮を高めるといった効果もありませんから、性的興奮を高めるには勃起薬以外の方法をとる必要があります。

薬を使いたくない人はオナニーの回数を減らしていく

勃起力を高める方法として、昔から行われているのが精力を高めることです。精力を高める方法としては精のつく食事や精力剤などのサプリメントを服用することのほかオナニーの回数を減らすといったことです。
これらの方法によって得られる効果としては食事などにより男性ホルモンを増やすことができ、またオナニーの回数を減らすことで男性ホルモンを維持することができます。
男性ホルモンの分泌量が増え、それを維持することによって性的刺激に対しての感度を上げることができ、より力強い勃起力を付けることにつながります。
そもそも男性の勃起は精液の備蓄量に左右されますが、精液の備蓄量が増えると射精したいといった性欲が生まれてきます。このためオナニーによって発散するわけですが、発散が多すぎると精液の備蓄量が増えず、次第に性的刺激にも鈍くなって行きます。
このためオナニーによる射精によって精液を放出しないことが勃起をしやすくことができるものでよく知られた方法です。
ただしオナニーの回数を極端に減らすのは逆効果になると言われます。一般的には精液は平均で2日から3日程度で満タンになり、そのあとから生み出されたものは体内に吸収されていきます。
このため平均3日間隔でオナニーするのがもっともベストと言われます。また我慢することでも性的な刺激に対する感度を上げることができます。
一方でそれ以上の回数を減らすと返って性的刺激に対して鈍感になる場合があり、ペニスの機能そのものが低下していきます。
これは男性ホルモンの分泌量が減ってしまうためです。いずれにしても適度な回数でオナニーをすることで男性ホルモンの量を維持しつつ性的興奮に対しての感度を高めて勃起の持続力を高めるといったことが可能になります。