SEO対策に重要な被リンク、どこを評価されている?

SEO対策と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが、被リンクです。
検索結果の上位に表示されるには、被リンクの有無が重要だと耳にしたことのある人は多いでしょう。
この被リンクですが、たくさん貼られていればよいかというと、話はそう単純ではありません。
まず、特に重要視されるのが、リンクを貼る側と貼られる側のサイトの関連性です。
例えば、スポーツ用品を扱っているサイトから、ブランド品を扱っているサイトへリンクが貼られていたら、両者の関連性は低いですよね。
強いていえば、どちらも通販サイトという部分が共通しているだけです。
自分自身でブログやホームページを別に立ち上げて、被リンクを貼る場合も同じです。
全く関連のないブログから被リンクを貼って、SEO対策をしても効果は薄くなります。
関連性の乏しい大量の被リンクが貼られていても、SEO効果はさほど期待できません。
Googleは、被リンクの数だけを評価軸にしているわけではないからです。
リンクの数だけではなく、どのようなサイトからリンクが貼られているのかも評価の対象になっています。
このほか、被リンクに使用されているアンカーテキストのテキストは何か。
どこに設置されたリンクなのかなども重要です。
SEO対策では、さまざまな要因が評価の指標に組み込まれています。
こうした評価指標が存在することを理解して、Googleに評価される対策を講じることが欠かせません。

一番はドメインパワーの強い良質なコンテンツからのリンク

とはいえ、先の評価指標には重要度の違いがあります。
そこで最も効果的な被リンク対策に関して説明を加えます。
それは、ドメインパワーの強いサイトの、良質なコンテンツからリンクを貼ってもらうことです。

要するに、Googleから高く評価されているサイトからの被リンクを獲得するのが重要です。
しかも、ただ単に貼ってもらうだけではなく、関連性の高い良質なコンテンツ内からリンクが貼られるとより効果的です。
個人で運営されているブログから被リンクを貼られるのと、大勢のユーザーに利用されている有名なサイトからの被リンクとでは、どちらがより信頼できる被リンクかは、明らかです。
Googleも当然、後者のサイトからの被リンクを評価します。
これがドメインパワーです。

ドメインパワーのある被リンクの方が、SEO効果は高くなります。
さらにいえば、ドメインパワーのあるサイトからリンクを貼られるだけではなく、そのサイトの良質なコンテンツから貼られるとなおよいです。
例えば、サイトのヘッダー、フッター、サイドメニューなどの、どのページに行っても表示される共通箇所からリンクが貼られても、評価は低くなります。
関連のある記事のなかで紹介されるのが、理想です。
「詳しくはこちらのサイトへ」や、「このサイトを見ると参考になります」などと被リンク付きで紹介されると、高いSEO効果が期待できます。

関連記事

ピックアップ記事

ツール

2017.7.16

中古ドメインの被リンク調査ツールってどれがいいの?

中古ドメインに被リンクツールを使用すると、ドメインの被リンク数やリンク元のページタイトル、URLを知ることができます。 そのため、どんなサ…

ページ上部へ戻る